夜勤の副作用

夜勤の副作用

看護師と言えば夜勤。

そういうくらいに看護師と夜勤って密接な関係ではあります。

なので、夜勤をどう処理するか?で看護師として、長続きする秘訣があるんだと思います。

 

2交代制の夜勤の場合には、大体24時間は病院で仕事をすることになるとおもいます。

そして、家に帰るとそのまま朝から睡眠を取ると思います。

この時に朝から夕方まで睡眠をとってしまうと今度は夜になることができません。

それで、そのまま生活サイクルが狂ってしまって睡眠障害になる人もいるくらいです。

それだけ夜勤というのは体に負担がかかるのです。

 

だから、慣れるまではどうしても、無理しなくてはいけません。

この無理をする段階で看護師をやめてしまう人もいます。

 

他の職業だって夜勤はあるよっていう人もいます。

そうなんです。

他の職業も夜勤をする人もいるんです。

何も、看護師だけがしんどい思いをしているわけではないんです。

 

しかし、他の職業と看護師の最大の違いは看護師は昼間も働くっていうことなんです。

それも連続して。

 

これは、他の職業にはないと思います。

この辺が看護師っていう職業のむずかしいところじゃないかなと思います。

看護師のお給料

看護師のお給料

看護師のお給料の平均金額は約460万円だそうです。

この金額はサラリーマンの平均年収とほぼ変わりません。

 

この金額をどう受け止めるのか?っていうことが一つ問題です。

確かに、女性が一人で稼ぐ金額にしては多いような気がします。

このことを考えていると、平均金額っていうことに注意してください。

あくまでも平均金額なんです。

 

都市部の人も公立病院の看護師も、個人のクリニックも。

上記の看護師たちは比較的お給料がいい人たちです。

特に、公立病院の看護師は公務員と同じに設定されているので毎年の昇給は間違いないです。

それに比べて、地方の病院などの場合には460万円っていう金額を聴いたらびっくりすると思います。

 

それだけ、看護師の中でも格差が存在するのです。

この格差も看護師の中では大きな問題なのかもしれません。

看護師の転職は売り手市場?

看護師の転職は売り手市場?

看護師の転職は売り手市場なので、他の職業よりも転職は簡単だ!っていう人がいます。

果たして、本当なのでしょうか?

私はそうは思わないのですが。

 

確かに勤め先を探すだけなら簡単でしょうけど、その職場で仕事を続けれるような条件でしょうか?

お給料は満足できますか?

夜勤の条件は満足してますか?

 

こういう小さい条件を見ていくととてもじゃないけど、満足出来る様な求人情報は少ないと思います。

確かに、すべての条件が満足できるような求人なんてないと思いますが、大事なここだけは譲れないっていうとこさえもまんぞくしていないのではないでしょうか。

看護師の絶対数が足りていないっていうのは、周知の事実なんです。

だから、看護師の転職は売り手市場っていうのは、あまりに楽観的な考え方ではないでしょうか?

これまでの事実からも、決して楽観的な考えは捨ててしまって、転職をしないといつまでも、転職を繰り返すことになるんじゃないでしょうか。

なので、そういう事態を避けるためにも、このサイトでは転職のお手伝いをしたいと考えております。

 

現在の職場が気に入らないとか、そろそろ転職を考えているような人は是非参考にしてみてください。